2019年05月21日

作業ログ 5/21

色々、凄く遅れていますが、少しずつ進めています。
P1018043.JPG

ご注文、ご依頼頂いた皆様、もう少々お時間ください。


B−3フライトジャケットの革の表面の顔料が剥がれたものを
持ち込まれて、何とか再生できませんかと聞かれたことが何回
かありましたが、うちではできませんと返答していました。

顔料が剥がれてくると、アジと捉えるか、みすぼらしいと思っ
てしまうか、難しいところですが、再生するには一度解体して、
全体に顔料を吹き付けなおせば、そこそこきれいになるんじゃ
ないかと想像します。

オークションでそんなにひどくないB−3を買って、解体して、
顔料を塗りなおして、要らないパーツを取ったり、袖の形を変
えたりしたら、スマートなモディファイドB−3ができるかも
・・・・冬までに何とか。
posted by SOULKITCHEN at 06:56| 日記

2019年05月20日

ファスナーのスライダー

革ジャンの袖のファスナーのスライダーがオリジナル。
凝ってます。
P1018077.JPG


画像のブランドとは関係ありませんが、川久保玲は雑誌か何か
で見るとたいていライダースを着ていて、前はショットっぽい
革ジャンでしたが、最近はルイスのライトニングのようなロン
ジャンになっているのに気づきました。見るたびに表情といい、
佇まいといい、あれは戦闘服なんだなと勝手に想像してます。


posted by SOULKITCHEN at 08:31| 日記

2019年05月17日

休業日のお知らせ

明日18日は休業いたしますので、宜しくお願いいたします。
posted by SOULKITCHEN at 06:37| お知らせ

2019年05月16日

B−3のカスタム例として

B−3ボマージャケットを持っている人はけっこういると
思いますが、実際に着る人はそんなにいないんじゃないか
と思います。(着てる人はあまり見かけないけど、ヤフオ
クには山ほど出品されているので)

恰好良いと思って買ったものの、実際に着るとムートンの
毛足が長いのでモコモコするし、身体に合わない部分があ
って、不格好に見えたり、理由は様々だと思います。

例えば、手首の部分は革のテープでタックを入れて細くして
ありますが、これを画像のようにストレートにするだけでも、
スマートに見えます。
P1018066.JPG

メーカーによって個性はあるものの、既製服のパターンの多
くが最大公約数に寄せたものですが、着るほうの体形は千差
万別なので、パタンナーには悪いですが、自分の身体や好み
に合わせて改良してしまいましょう。

既成のものをそのまま気分良く着れるなら、幸せだと思うし、
今となってはムートンよりも軽くて暖かいものがあると思い
ますが、フェイクじゃないムートンはプリミティブで、こっ
ちのほうがいいなと思います。動物愛護団体や厳格なビーガ
ンはいやだろうけど。



posted by SOULKITCHEN at 07:55| 修理・カスタム

2019年05月15日

補修ログ 5/14

予定していた作業が思ったよりも早く終わって、時間が中途
半端だったので、自分の作業着の補修をしました。

知らないあいだにほつれた袖口を
P1018057.JPG

革で覆いました。これでまだしばらくは使えそうです。
P1018064.JPG


隣のテナントが空きました。俺が来た時はクリーニングで、
次が整体。バインミー屋ができないかなとは思うけど、絶対
違うでしょう。どんな商売がいいんですかねえ。わかれば誰
も苦労しないだろうけど。
posted by SOULKITCHEN at 06:52| 日記

2019年05月14日

作業ログ 5/14

今日はひたすらコバ磨きです。
P1018056.JPG



posted by SOULKITCHEN at 06:45| 日記

2019年05月13日

作業ログ 5/13

今日は削って、整えます。
P1018048.JPG
posted by SOULKITCHEN at 10:08| 日記

2019年05月11日

休業日のお知らせ

明日12日は休業いたしますので、宜しくお願いいたします。


こないだのクレイジージャーニーは面白かったです。100年前の
粗さや歪みのあるジーンズを現代に蘇らせる人が紹介されていまし
たが、ひとつのものにそんなに夢中になれるなんてと羨ましかった
です。

当時使われていたであろう古いミシンを探して、それで縫製して、
100年前のリーバイス501のレプリカを作るっていうのを仕事
にして生きていくというのは恐れいりますが、1本の値段が6万円
以上するということで、共感はできても、それにのるかと言われれ
ば、のれません。ごめんなさい。

自分が買えなくても、そういうものがあるというのは世の中の良い
面だなと思います。作るほうも売るほうも誰も泣いてないでしょう。
posted by SOULKITCHEN at 06:54| お知らせ

2019年05月09日

休業日の作業ログ

ゴールデンウィークの休業日に自分のオイルドジャケットの
直しをしました。今は日本仕様のスリムなものがありますが、
買った当時は無くて、当時最小のサイズ34でも肩は落ちる
し、腕も太いし、身頃もだぶついてました。

洋服の上物はサイズに余裕を持って着るより、肩幅ぴったりの
身体に合ったものが好きなのですが、構造上の限界があって、
完全には思い通りにはできませんでした。でも、これまでより
は機嫌良く着れます。

P1018042.JPG

P1018040.JPG
直しついでに使わないベルトループを取りました。

言わなければ他人にはわからない程度のことだと思いますが、
自分がこういう質なので、革ジャンの直しを依頼する人の気持
ちがわかりやすいかもしれないと思います。

ばらす前は大変だろうな思っていましたが、やってみたらわり
と簡単に作られていて、構造上の疑問も解けたりと、良い経験
になりました。
posted by SOULKITCHEN at 08:14| 日記

2019年05月06日

休業日のお知らせ

本日6日は休業させて頂きますので、宜しくお願いいたします。
posted by SOULKITCHEN at 07:26| お知らせ