2019年05月03日

修理について

昨日はバッグのベルトの交換をしました。
P1018005.JPG


修理を依頼される際、直したほうがいいのか、直さないで
捨ててしまったほうがいいのかを聞かれることが良くあり
ますが、いつもそれはお客様の自由ですと答えます。

でも、そう言うと戸惑われるかたもいるようで、そうしたら、
自分が思ったことを言うようにしています。もったいないと
か、ここをこうすればまた使えるとか。

大切な人にもらったとか、良い思い出がたくさんあるとか、
人それぞれ思い入れがあると思うので、直したいのであれば、
直接ご来店頂ければ、見積もりにお金はかかりませんし、
物理的に修理が不可能なものは理由を説明します。

こんなボロボロで恥ずかしいと言うお客様もたまにいますが、
それは他人にはわからない、その人にしかわからない大切な
ものとして理解するので、こちらにお気遣いは不要です。
チャールズ皇太子の靴もだいぶ修理痕が見られますが、それ
で公の場に出てくるし堂々としています。

それが誰であれ、もとの値段の高い安いも関係無く、そこまで
思い入れられるものがあるんだということに単純にいいなと
思います。
posted by SOULKITCHEN at 08:27| 日記