2019年05月16日

B−3のカスタム例として

B−3ボマージャケットを持っている人はけっこういると
思いますが、実際に着る人はそんなにいないんじゃないか
と思います。(着てる人はあまり見かけないけど、ヤフオ
クには山ほど出品されているので)

恰好良いと思って買ったものの、実際に着るとムートンの
毛足が長いのでモコモコするし、身体に合わない部分があ
って、不格好に見えたり、理由は様々だと思います。

例えば、手首の部分は革のテープでタックを入れて細くして
ありますが、これを画像のようにストレートにするだけでも、
スマートに見えます。
P1018066.JPG

メーカーによって個性はあるものの、既製服のパターンの多
くが最大公約数に寄せたものですが、着るほうの体形は千差
万別なので、パタンナーには悪いですが、自分の身体や好み
に合わせて改良してしまいましょう。

既成のものをそのまま気分良く着れるなら、幸せだと思うし、
今となってはムートンよりも軽くて暖かいものがあると思い
ますが、フェイクじゃないムートンはプリミティブで、こっ
ちのほうがいいなと思います。動物愛護団体や厳格なビーガ
ンはいやだろうけど。



posted by SOULKITCHEN at 07:55| 修理・カスタム