2019年10月08日

作業の合間ログ 革ジャン 10/8

完成しました。わかりにくいかもしれませんが、色はネイビ
ーです。
P1019767.JPG

そんなの知らないよって話しだし、好みは変わるものですが、
これまでの経験から、今の自分が革ジャンに求めることは

・銀面のある革なら黒じゃない。
・見た目が大げさじゃない。
・メジャーなメーカーのものっぽくない。
・革がビカビカ、テラテラしていない。
・パーツ点数が少なく、余計な切り替えし、継ぎ接ぎが無い。
・アクションプリーツやアジャストベルトが無い。
・馬革じゃない。
・縫い糸は太くなく、ピッチも大きくない。
・フロントファスナーは2WAY。
・袖のファスナーが前面に付いている。

要はミニマルでシンプルなものってことです。その好みを
具現化してみました。でも、できあがってもそんなに嬉し
くないのは、造りに初めてな点があり、こうするのが正攻
法だけど、こうしたほうがよりスマートだったなっていう
のが作ってる途中で何か所かあったからです。

自分は昭和生まれのおじさんのせいか、男だったら、しっか
りした革ジャンを一着ぐらい持ってないとというタイプです。
今回のものは死ぬときにはこれを着てたいとか、棺桶に入れ
る時に着せてくれと頼むところまではいきませんが、着てい
けば、愛着が湧きそうな予感はあり、身体にピッタリで、世
界で一着だし、少し気分がいいです。今年は着れる季節はこ
れで過ごします。

自分の為にはしばらく作りたくありませんが、次回は今回の
反省も踏まえて、遺影はこれを着てるのでって頼めるぐらい
のものを目指します。これを見てるあなたも自分の為だけの
革ジャンが欲しくなったら、お気軽にご相談ください。

日本でそこそこの革ジャンを買おうと思ったら、既製品の新
品で10〜20万円はしますが、うちでオーダーする場合も大抵
はその範囲でおさまると思います。安くはないですが細心の
注意を払って、最善を尽くします。
posted by SOULKITCHEN at 08:26| 日記