2019年07月06日

作業ログ 7/6

下処理は終わったので、明日、染めてみます。
P1018267.JPG
posted by SOULKITCHEN at 08:10| 日記

2019年07月05日

作業ログ 7/5

自分では仕入れないような革を取引先から譲りうけました。
P1018255.JPG

色々、楽しめそうです。
posted by SOULKITCHEN at 08:06| 日記

2019年07月04日

作業ログ 7/4

以前、足が悪くて、そのままでは脱げてしまうので、靴に
ストラップを付けたことがありました。その彼が新調した
ので、付け替え。
P1018244.JPG

外国のかたですが、とっさには英語は話せないもんです。
きっと、インディアン ウソ ツカナイ みたいな英語に
なってます。



B−3フライトジャケットの背中部分。
P1018241.JPG

各パーツは凹凸が出ないように断面をくっつける感じで縫わ
れていますが、センターが凄くずれていて、各パーツも左右
対称じゃありません。野蛮すぎる。最終的に型紙にあえばい
いという考え方なんでしょうか。
posted by SOULKITCHEN at 08:25| 日記

2019年07月02日

作業ログ 7/2

簡単な修理だと、本格的に作業を始める前にやってしまうこ
ともあります。チャップスのほつれの縫い直しを依頼されて、
ミシンでガーっとやってもらえばということでしたが、もう
穴はあいているので、それを利用して、手縫いします。
P1018226.JPG



新しいジーンズを買ったら、仕様が変わってました。517は
後ろのベルトループが3つで、合計7つあったのに無くなって
ます。
P1018229.JPG

そこに拘っているわけじゃありませんが、あっと思ったので。
もしかしたら、うっかりという可能背もあるかも。
posted by SOULKITCHEN at 07:27| 日記

2019年07月01日

作業ログ 7/1

フライトジャケット等、ムートン製品を持っているかたで、
着ていくうちにムートンの毛が束になって、柔らかさが無
くなってきたと思ったら、画像のような犬用のブラシを使
うといい感じにほぐれて、ふわふわになります。
P1018225.JPG

今回はばらしたので、中にもぐりこんでいる糸を取るのにも
重宝します。
posted by SOULKITCHEN at 08:16| 日記

2019年06月29日

作業ログ 6/29

B−3フライトジャケット。最終的には黒の顔料で染めて
しまいますが、その前に自分としては要らないと思うパーツ
(襟と腰のアジャストベルト)が縫い付けられていた針穴を
粘度の高い顔料で埋めます。
P1018220.JPG

これから暑くなるので、すぐには必要無いのになぜ?と自分
でも思いますが、ゲーテがあなたができると夢見ていること
があったら、すぐにやりなさい。そこに魔法が宿るというよ
うなことを言っていたので、それを真に受けて。だいぶ前に
読んだことなので、間違えてたら、ごめんなさい。まあ、夢
見るってほどのことじゃなくて、ただの思いつきですが。
posted by SOULKITCHEN at 07:41| 日記

2019年06月28日

作業ログ 6/28

B−3フライトジャケット。ばらした後、洗って、乾かしたら、
カラカラになったので、加脂します。
P1018216.JPG
この後、オイルを馴染ませるのに陰干しします。


BMWの電動バイクのプロトタイプ。未来ですね。
P90354721_highRes-579x1024.jpg

最近のバイクや車のデザインにはついていけなくて、昔の
もののほうがいいデザインが多いと思いますが、後戻りす
るわけにはいかない業界なんでしょう。
posted by SOULKITCHEN at 08:29| 日記

2019年06月22日

作業ログ 6/22

今日はお客様が指定されたネーム、メッセージを刻印した
オリジナルのキーホルダー作り。
P1018210.JPG


こないだのぶらぶら美術・博物館はクリムトの特集で、猫を
抱いた写真が紹介されていましたが、そこで着ているのが自
作のスモックだと知って、ちょっと好きになりました。生涯
独身だったけど、子供が14人いるというのもなかなかです。
posted by SOULKITCHEN at 09:01| 日記

2019年06月21日

作業ログ 6/21

作業が一区切りついて、ちょっと時間があったので、個人的
な作業を。B−3を改良するべく、ばらしました。
P1018177.JPG

P1018193.JPG

どこの誰がどれぐらい着ていたかわかりませんが、せっかく
なので、洗ってみます。

posted by SOULKITCHEN at 07:56| 日記

2019年06月09日

作業ログ 6/9

合成皮革でできたハンドルや縁の表面が剥がれてきたものを
革に交換します。
P1018147.JPG

P1018169.JPG

パッと見でわかる違いはハンドルぐらいですが、全ての縁を
交換して、底鋲を付けました。これでまだしばらくは使える
と思います。ご依頼頂き、有難うございました。
posted by SOULKITCHEN at 07:39| 日記

2019年06月01日

作業ログ 5/31

着物の帯をバッグにしていきます。
P1018120.JPG
posted by SOULKITCHEN at 06:50| 日記

2019年05月21日

作業ログ 5/21

色々、凄く遅れていますが、少しずつ進めています。
P1018043.JPG

ご注文、ご依頼頂いた皆様、もう少々お時間ください。


B−3フライトジャケットの革の表面の顔料が剥がれたものを
持ち込まれて、何とか再生できませんかと聞かれたことが何回
かありましたが、うちではできませんと返答していました。

顔料が剥がれてくると、アジと捉えるか、みすぼらしいと思っ
てしまうか、難しいところですが、再生するには一度解体して、
全体に顔料を吹き付けなおせば、そこそこきれいになるんじゃ
ないかと想像します。

オークションでそんなにひどくないB−3を買って、解体して、
顔料を塗りなおして、要らないパーツを取ったり、袖の形を変
えたりしたら、スマートなモディファイドB−3ができるかも
・・・・冬までに何とか。
posted by SOULKITCHEN at 06:56| 日記

2019年05月20日

ファスナーのスライダー

革ジャンの袖のファスナーのスライダーがオリジナル。
凝ってます。
P1018077.JPG


画像のブランドとは関係ありませんが、川久保玲は雑誌か何か
で見るとたいていライダースを着ていて、前はショットっぽい
革ジャンでしたが、最近はルイスのライトニングのようなロン
ジャンになっているのに気づきました。見るたびに表情といい、
佇まいといい、あれは戦闘服なんだなと勝手に想像してます。


posted by SOULKITCHEN at 08:31| 日記

2019年05月15日

補修ログ 5/14

予定していた作業が思ったよりも早く終わって、時間が中途
半端だったので、自分の作業着の補修をしました。

知らないあいだにほつれた袖口を
P1018057.JPG

革で覆いました。これでまだしばらくは使えそうです。
P1018064.JPG


隣のテナントが空きました。俺が来た時はクリーニングで、
次が整体。バインミー屋ができないかなとは思うけど、絶対
違うでしょう。どんな商売がいいんですかねえ。わかれば誰
も苦労しないだろうけど。
posted by SOULKITCHEN at 06:52| 日記

2019年05月14日

作業ログ 5/14

今日はひたすらコバ磨きです。
P1018056.JPG



posted by SOULKITCHEN at 06:45| 日記

2019年05月13日

作業ログ 5/13

今日は削って、整えます。
P1018048.JPG
posted by SOULKITCHEN at 10:08| 日記

2019年05月09日

休業日の作業ログ

ゴールデンウィークの休業日に自分のオイルドジャケットの
直しをしました。今は日本仕様のスリムなものがありますが、
買った当時は無くて、当時最小のサイズ34でも肩は落ちる
し、腕も太いし、身頃もだぶついてました。

洋服の上物はサイズに余裕を持って着るより、肩幅ぴったりの
身体に合ったものが好きなのですが、構造上の限界があって、
完全には思い通りにはできませんでした。でも、これまでより
は機嫌良く着れます。

P1018042.JPG

P1018040.JPG
直しついでに使わないベルトループを取りました。

言わなければ他人にはわからない程度のことだと思いますが、
自分がこういう質なので、革ジャンの直しを依頼する人の気持
ちがわかりやすいかもしれないと思います。

ばらす前は大変だろうな思っていましたが、やってみたらわり
と簡単に作られていて、構造上の疑問も解けたりと、良い経験
になりました。
posted by SOULKITCHEN at 08:14| 日記

2019年05月03日

修理について

昨日はバッグのベルトの交換をしました。
P1018005.JPG


修理を依頼される際、直したほうがいいのか、直さないで
捨ててしまったほうがいいのかを聞かれることが良くあり
ますが、いつもそれはお客様の自由ですと答えます。

でも、そう言うと戸惑われるかたもいるようで、そうしたら、
自分が思ったことを言うようにしています。もったいないと
か、ここをこうすればまた使えるとか。

大切な人にもらったとか、良い思い出がたくさんあるとか、
人それぞれ思い入れがあると思うので、直したいのであれば、
直接ご来店頂ければ、見積もりにお金はかかりませんし、
物理的に修理が不可能なものは理由を説明します。

こんなボロボロで恥ずかしいと言うお客様もたまにいますが、
それは他人にはわからない、その人にしかわからない大切な
ものとして理解するので、こちらにお気遣いは不要です。
チャールズ皇太子の靴もだいぶ修理痕が見られますが、それ
で公の場に出てくるし堂々としています。

それが誰であれ、もとの値段の高い安いも関係無く、そこまで
思い入れられるものがあるんだということに単純にいいなと
思います。
posted by SOULKITCHEN at 08:27| 日記

2019年04月28日

作業ログ 4/28

ボビンケースを落としたら、バランスが悪くなったようで、
糸の出る感じが変わってしまいました。なので、新品に交換。
P1017951.JPG

もとは同じものなのに古いほうは使い込まれて、色がガンメ
タルに変わってしまいました。15年ぐらいは問題無く機能
していたので、お疲れ様でしたと言いたいです。

世間はゴールデンウィークですね。連休も元号が変わるのも
実感がありませんが、世間が休みの時に仕事をするのはけっ
こう好きです。車が少ないし、いつもよりリラックスします。
posted by SOULKITCHEN at 14:48| 日記

2019年04月25日

作業ログ 4/25

サイクロンのお直し終了。裾を合計4センチ細くしましたが、
ビフォー、アフターは見た目ではわからないと思うので、証
拠としてカットしたパーツを。
P1017902.JPG

ルイスレザーといえば代表的なモデルはライトニングですが、
7〜8年前ぐらいに販売数ではサイクロンが抜いたという記事
を読みました。確かにダブルブレストの革ジャンでは一番恰好
良いなと思います。

イギリス製で、革が切りっぱなしの部分がけっこうあります。
アメリカ製でも部分によってはありますが、ルイスほど大胆
じゃありません。造りはルイスのほうが単純で、アメリカ製
のほうが手がかかってるものが多いです。どちらが良い悪い
じゃなくて、そういうのに国柄を感じたりします。
posted by SOULKITCHEN at 07:21| 日記